動線を考えた設計が快適さを生む

注文住宅を建てるメリットになるのは自分で好きなレイアウトの住宅を設計できることです。建売住宅とは異なる視点で間取りを考えるようにしましょう。重要なのは動線であり、家族の一日の動きを考えて無駄がないように部屋を配置しましょう。家事をする人は特に無駄な移動が多くなると毎日ストレスを感じてしまいます。快適に過ごせるようにするためには部屋の配置が重要であり、基本は動線を考えることという理解をしておきましょう。


家具や家電の配置を考える大切さ

注文住宅の設計をするときにはその図面だけで考えてしまいがちですが、実際には家具や家電を配置することになります。それも含めた設計が大切です。特に重要になるのは窓との関係であり、家具や家電を置く場所に採光のための窓を用意しても封じられてしまうことになります。新生活に必要な家具や家電を考えて、どのようなレイアウトにするかを決めて最終決定を下すようにするのが賢明です。将来的な追加も考えた間取りの検討を行えればなお良いでしょう。


平面から三次元への意識を持つこと

注文住宅を設計するときには間取り図を見ていることがほとんどでしょう。しかし、イメージをするときには平面から三次元へ変換して考えることが重要です。平面で考えていると縦方向のイメージが失われているため、実際にはどの程度の広さを感じるかという視点が欠けています。天井を低く設計して窮屈に感じてしまったり、天井が高くて無駄なスペースができてしまったりすることはよくあることです。レイアウトを考えるときは二次元でも、最終的には三次元で考えてから着工してもらうのが良い方法でしょう。



足立区の注文住宅を賢く選ぶには、日ごろから住宅見学会などの機会を積極的に活用することがポイントと言えます。