マンション経営は規模が色々とあります

マンション経営というのは、はっきりいって色々と規模があります。例えば一棟丸々のところもありますし、一室のみ、という人もいます。それはそれで悪いことではないのです。あくまで自分の分限を超えない程度にやることが重要であるといえるのは確かでしょう。では、それがどの程度であるのか、ということになりますが、これははっきりいってよくわからないです。不動産投資ローンなどもありますし、借りることも十分に可能であるからです。


いくらの収益が上がるのか

はっきりいって利益に関してはなかなか予想ができないです。空室の期間が長くなりますとかなり厳しいことになるからです。これはとても注意したほうが良いことになります。いくらの収益になるのか、というのをそれでも計算をするのが経営の基本になります。空室率に関する計算、予想がもっとも難しいことになりますから、これは覚悟しておいたほうが良いでしょう。それでも10年、15年程度で投資額を回収できることは十分にあります。


損益分岐点を超えたときからが勝負

まずは投資額を回収する事になりますが、それを超えたら後は利益になります。その利益をどんどん積み上げていくことが重要になります。もちろん、建て直しなどの費用も必要になりますからそちらも積み上げていくわけです。その上で余った分が利益になります。上手く軌道に乗せることができるのであれば、何十年単位で利益を生み出し続けるので子々孫々にお勧め出来ることになります。これがお勧め出来るマンション投資の理想系になります。



資金を持て余している方はマンション経営がおすすめです。少ないリスクで大きなリターンを得られる安心安全な投資です。